パソコン用のタイトル スマートフォン用のタイトル
HOME > 乳腺科

乳腺科

なぜ乳がん検診が必要なのか?

 女性の癌の中で乳がんが急激に増加し続けています。少子化、晩婚化など女性の社会進出や栄養過剰・運動不足などがその原因といわれています。乳がん発症年齢をみると若年化と更年期以降の二極化が見られ全体としては40台後半が平均です。治療面では乳がんは抗がん剤の効果が良好な癌です。特にホルモン剤の進歩は驚異的ですし、いわゆる分子標的薬の効き目は夢の抗がん剤といっても過言ではありません。
 乳がんはいずれ手術がなくなる最初の癌になると言われています。今でさえ乳房温存療法が行われ、リンパ節の切除も省略されどんどん小さな手術になって行きつつあります。ただし小さな乳がんという条件付です。早期発見が必要なことは言うまでもありません。


乳がん検診

マンモグラフィー  当院ではマンモグラフィー(マンモ)と超音波(エコー)検査の併用で乳がん検診を行います。特に30-40台の女性にはエコーも大事な検査です。早期発見には年一回の乳がん検診と自己触診も欠かせない要素です。自分の乳がんを自分で見つけることは難しいことではありません。
  マンモやエコーでしこりが見つかっても、最終的な診断は細胞・組織を顕微鏡で病理検査する必要があります。院長は長年の経験で手術を避けて、注射針で細胞を吸引する方法を得意とします。

 乳がん以外の良性疾患(線維腺腫、乳管内乳頭腫)についても30年の経験を生かした、迅速で無駄のない適切な診療、指導を行います。若い女性の乳房の痛みの大部分を占める乳腺症について詳しく説明します。局所麻酔ですむ小さな手術(主に良性疾患に)は当方でお受けすることもできます。  万が一乳がんが見つかったら、上尾藤村病院で私の手術をうけることも可能ですし、大学病院、がんセンター(東京、埼玉)、がん研、川口医療センターを御紹介致します。手術が終わり次第当方でフォローアップすることも可能です。

火曜、土曜の午後はマンモグラフィを電話予約できます。


ページトップに戻る